坐骨神経痛、肩こり、腰痛、むち打ち、捻挫、打撲、関節痛、肉離れ、神経痛、ぎっくり腰、むち打ち、原因、症状、治療法 痛み解消
 坐骨神経痛、肩こり、腰痛、むち打ち、捻挫、打撲、関節痛、肉離れ、神経痛、ぎっくり腰、むち打ち、原因、症状、治療法
痛み解消

痛み Pick up

肩の痛み
肩関節周囲炎・四十肩・五十肩・野球肩・肩こり

肩の痛みについて詳しく見る

肘の痛み
テニス肘・野球肘・肘部管症候群・ゴルフ肘・肘内障

肘の痛みについて詳しく見る

腰の痛み
ギックリ腰・腰痛・椎間板ヘルニア・すべり症

腰の痛みについて詳しく見る

手首の痛み
ドゥ・ケルバン病・手根管症候群  

手首の痛みについて詳しく見る

痛み解消ドットコムのコンセプト

痛みとは、誰しもが経験することです。
体の組織損傷に伴う不快な感覚的、精神的な経験からくる痛みや組織損傷を認められない場合からくるものとあります。

痛みは、たいてい一時的なもので、そのうちに痛みは消え去ります。
私たちは痛みがいずれ消え去ることを知っているので、その中で痛みから解放される為に人によっては薬を飲んだり、体をケアしていくことで対処していきます。
痛みの中にも様々な症状があり、単独の痛みからくるものか、または痛みの背後に重大な病気が潜んでいないかを慎重に診察する必要があります。

私たちの体には弱いところを治していこうとする働きがあり、その為血液が集まってきて必要なものを運んできます。

「痛み」があると、それが原因となって交感神経という自律神経を刺激します。
すると、その局所の細い動脈が緊張し、収縮して血液の流れが悪くなります。
この集まった血液が動かなくなり、充血して炎症を起こし痛みや熱を発生するのです。
そこでは局所の酸素不足と体の外に排出されねばならない代謝産物(=発痛物質)の蓄積がおこり、これがまた交感神経を刺激します。
こうして「痛みの悪循環」がつくられます。

関節の痛みや内臓の痛みは、体の内側で起こっているので目には見えない状態であり、分かりづらいかもしれません。
例えば、お酒やタバコ、ストレス、睡眠不足などで内臓が弱り、これを守るために血液が集まり渋滞することによって炎症を起こします。
これが胃で起こっていれば胃炎となり、肝臓で起こっていれば肝炎、又、関節で起こっていれば関節炎となります。

基本的に痛みは、だんだん範囲も広くなり、程度も強くなっていく特徴があります。
例えば歯の痛みをがまんしていると、頭痛や肩こり、さらには腕が重くしびれてくるといったことを経験された方もあるでしょう。
「痛みの悪循環」がだんだん広がっていくのです。

一方、肩がこって痛いときにそこを温めてやると楽になります。
温めることで血液の循環が良くなり、「痛みの悪循環」が」断ち切られるからです。

痛みの治療では、この「痛みの悪循環」を念頭において行うことが大切です。

掲載症状一覧

筋肉痛、打撲、関節痛、変形性関節症、手のしびれ、助間神経痛、坐骨神経痛、むち打ち症、むち打ち損傷、頚椎ヘルニア、寝違い、ストレートネック、斜頚、首こり、頚椎捻挫、肩関節周囲炎 、四十肩・五十肩、野球肩、肩こり、背中の痛み、側彎症、脊柱管狭窄症、ギックリ腰、腰痛、椎間板ヘルニア、すべり症、梨状筋症候群、坐骨神経痛、変形性膝関節症、内・外側側副靭帯損傷、オスグット・シュラッター病、テニス肘、野球肘、肘部管症候群、ゴルフ肘、肘内障、ドゥ・ケルバン病、手根管症候群、突き指、デュピュイトレン拘縮、ばね指、マレットフィンガー、足部捻挫、アキレス腱断裂、アキレス腱周囲炎、外反母趾、モートン病、痛風、足底筋膜炎、扁平足、頭痛、O脚・・・・など

このサイトでは、一般外傷や使い過ぎによる痛みについて述べたいと思っております!!

『痛み解消ドットコム』のお気に入り追加はここをクリック!
オススメ整骨院紹介
信州整骨院 交通事故障害の治療
交通事故障害なら、
さいたま市南浦和の『信州整骨院』へ
ワンダー整骨院 スポーツ障害の治療
スポーツ障害なら、
さいたま市南浦和の『WONDER整骨院』へ
広告主様大歓迎!!!! 詳しくはお問合せ下さい。